銀行で借入したほうがお得なワケ

金融ブラックになってしまうと借入が厳しい

銀行を初めてご利用される方や、きちんと利用されている方にはあまり関係のない話ですが、金融ブラックという言葉をご存知でしょうか。
端的に言うと、金融関係の重大なトラブルを起こしてしまい信用情報機関に記録されてしまった方のことを総じてこう呼びます。
ブラックリストというものはないと言われていますが、借入の利用履歴はすべて記録されてすべての金融機関がいつでもアクセスすることができるため、信用情報機関は実質的なブラックリストと言えます。


どんな行為が信用を下げるのか

返済の延滞を始め、借り逃げ、債務整理、複数の借入やカードの所持などは銀行に限らずすべての金融機関に警戒されます。
それらを督促状などで注意されているのにも関わらず繰り返し行えば、他の業者からの借入ができなくなるでしょう。


なぜ複数の借入やカードの所持がまずいのか

複数の借入やカードの所持をしているのは、銀行をはじめとした金融機関から見れば借りたお金で返済をしているように見えます。
そのようなことをしていれば、収入が不安定で返済する気がない顧客と思われてしまいます。
また、返済しなければならない金額は利息で膨らみ続け、いずれ破綻するのが明らかにわかっているのです。

inadmin / 2015年4月16日 / 借入なら銀行

借入の審査で重視される項目

借入の審査で確認される項目は、銀行でも消費者金融でも大きな違いはありません。
共通して確認されることが主に2つあります。
1つは、きちんと返済が出来るような仕事に長く就いているのか、また安定した収入があるのか。
もう1つは、以前あるいは現在、金融業者を利用したときに何かトラブルを起こしていないか、です。
他にも、家族構成や居住年数などがありますが、審査の基準というのは公表されてはいません。
そのため、ある金融業者で断られても、別の金融業者ではOKということも珍しくありません。


借入の敷居は下がってきている

ずっと前は、事業主しか融資を受けることができませんでしたが、個人でも自由に借入ができる時代となりました。
正社員に始まり、今ではアルバイトやパート、学生の方でも対象にしている業者は珍しくありません。
ある程度の期間の勤務実績と、安定した収入があればアルバイトの方でも借入を利用することは出来ます。


銀行も同じ

始めは消費者金融だけでしたが、最近では銀行もアルバイトや学生の方に向けたサービスを開始しています。
銀行で個人が借入をする場合はカードローンが多いのですが、未成年でも条件を満たせばカードを発行してもらうことができます。

inadmin / 2015年4月16日 / 借入なら銀行

銀行で借入ができると何がお得なの?

銀行で借入をする最大のメリットは、高額の借入が出来て比較的安全というところです。
そもそも消費者金融では高額の借入ができないのか?
なぜ安全と言えるのか?
消費者金融と比較してご説明します。


なぜ高額の借入が出来るのか

皆様は、総量規制という賃金業法で定められている法律をご存知でしょうか。
総量規制は、ざっくり言うと年収の3分の1以上の借入は出来ないとする決まりです。
「じゃあそんなにお金は借りられないじゃないか」と思うでしょう。
ところがこの賃金業法が適用されるのは消費者金融だけで、銀行は別の法律があるために総量規制の対象外となっています。
そのため、銀行の利用限度額は500万円~1,000万円と、大変高額まで設定することができるのです。


比較的安全とは?

そして、利用限度額が高ければ高いほど金利は下がります。
そのため、消費者金融よりも4~10%ほど金利が低い銀行はさらに金利が下がり、払わなければならない利息を抑えることが出来ます。
もちろん本人の返済する意思次第とも言えますが、少なくとも消費者金融よりは安全と言えます。
しかし、返済方式の中には利息を必要以上に払わせようとする方式もあるので、借入をする前には返済することもよく考えなければいけません。

inadmin / 2015年4月16日 / 借入なら銀行

銀行での借入を検討する前に

お金を借りるのにどこの金融機関を利用しようか悩む方はいらっしゃると思います。
「銀行なら安心出来るけれど、借入の手続きがすごく面倒くさいかもしれない。」
「消費者金融はCMや広告でよく目にするけれど、借入は騙されそうで不安だ。」
魅力を改めて認識するために、まず両者の違いをざっくりとご説明します。


銀行と消費者金融の違い

CMや広告でよく目にする大手の消費者金融は、実はほとんどが銀行グループです。
ですから借入が不安な方はご安心なさってください。
両者の違いと言いましたが、申込から借入までの流れは大して変わりません。
ではどの点が違うのか。
主な違いは3つあり、金利と利用限度額、そして審査の難易度です。


銀行の借入は消費者金融のそれよりも難しい?

結論から言ってしまうと、難しいです。
銀行は消費者金融よりも低金利、利用限度額が高いことを売りにしています。
そのため、安定した収入があり返済能力が十分ある方や、いわゆる金融ブラックではないしっかりとした金融業者の利用履歴を持っている方を好みます。
しかし、「じゃあわたしには無理そうだな」と諦めるのはまだ早いです。
なぜなら、最近では銀行もアルバイトやパートの方に向けて借入をしやすくしているからです。

inadmin / 2015年4月16日 / 借入なら銀行