金融ブラックの借入は難しい

金融ブラックになってしまうと借入が厳しい

銀行を初めてご利用される方や、きちんと利用されている方にはあまり関係のない話ですが、金融ブラックという言葉をご存知でしょうか。
端的に言うと、金融関係の重大なトラブルを起こしてしまい信用情報機関に記録されてしまった方のことを総じてこう呼びます。
ブラックリストというものはないと言われていますが、借入の利用履歴はすべて記録されてすべての金融機関がいつでもアクセスすることができるため、信用情報機関は実質的なブラックリストと言えます。


どんな行為が信用を下げるのか

返済の延滞を始め、借り逃げ、債務整理、複数の借入やカードの所持などは銀行に限らずすべての金融機関に警戒されます。
それらを督促状などで注意されているのにも関わらず繰り返し行えば、他の業者からの借入ができなくなるでしょう。


なぜ複数の借入やカードの所持がまずいのか

複数の借入やカードの所持をしているのは、銀行をはじめとした金融機関から見れば借りたお金で返済をしているように見えます。
そのようなことをしていれば、収入が不安定で返済する気がない顧客と思われてしまいます。
また、返済しなければならない金額は利息で膨らみ続け、いずれ破綻するのが明らかにわかっているのです。

inadmin / 2015年4月16日 / 借入なら銀行