なぜ銀行での借入がお得なのか

銀行で借入ができると何がお得なの?

銀行で借入をする最大のメリットは、高額の借入が出来て比較的安全というところです。
そもそも消費者金融では高額の借入ができないのか?
なぜ安全と言えるのか?
消費者金融と比較してご説明します。


なぜ高額の借入が出来るのか

皆様は、総量規制という賃金業法で定められている法律をご存知でしょうか。
総量規制は、ざっくり言うと年収の3分の1以上の借入は出来ないとする決まりです。
「じゃあそんなにお金は借りられないじゃないか」と思うでしょう。
ところがこの賃金業法が適用されるのは消費者金融だけで、銀行は別の法律があるために総量規制の対象外となっています。
そのため、銀行の利用限度額は500万円~1,000万円と、大変高額まで設定することができるのです。


比較的安全とは?

そして、利用限度額が高ければ高いほど金利は下がります。
そのため、消費者金融よりも4~10%ほど金利が低い銀行はさらに金利が下がり、払わなければならない利息を抑えることが出来ます。
もちろん本人の返済する意思次第とも言えますが、少なくとも消費者金融よりは安全と言えます。
しかし、返済方式の中には利息を必要以上に払わせようとする方式もあるので、借入をする前には返済することもよく考えなければいけません。

inadmin / 2015年4月16日 / 借入なら銀行